気象データに関するツール達

森下功啓製作所 ONLINE

目次:Content

アメダスの気象観測データをダウンロードする
レーダー降水ナウキャストのレーダー図をダウンロードするNEW
天気図をダウンロードする
高層天気図をダウンロードする


気象庁関係のツールのソースコードはサーバー負荷への配慮からほぼ公開しておりません。 ソースコードがご入用の方は、所属と氏名を明かした上でメールにてご連絡下さい。
[2014-12-06 更新] レーダー画像のダウンローダの機能を拡張しました。。


アメダスの気象観測データをダウンロードする

気象庁が公開している過去の気象統計情報の内、アメダスの10分毎と1時間毎のデータをダウンロード・変換するソフトウェアのセットです。 期間と地点名を指定することで複数地点の統計情報をダウンロード可能です。 ダウンロード後は変換するアプリを用いてCSVファイル化します。 なお、1ファイルのダウンロードの後には無駄時間を挿入して、気象庁の負担が少なくなるようにしています。


プログラムのダウンロード
リリース日 プログラムパッケージ 更新内容
2015-08-24 AMeDAS_downloader

ダウンロードもPythonで実行するようにしました。また、最新の観測データのダウンロードにも対応しています。 なお、公開先をGitHubに移行しています。

開発言語:Python
開発環境:Windows7 x64, Python 3.x
2014/3/20 AmedasProcessingSample4HP_20140320.7z
*全ソースコード入り

pyConvertor.pyが10分観測値のhtmlフォーマットに対応していなかったバグを修正しました。
hemhemさん、ご指摘ありがとうございました。

開発言語:Visual Basic 2012, Python
開発環境:Windows7 x64, Python 3.x
2014/1/20 AmedasProcessingSample4HP_20140120.7z
*全ソースコード入り

pyConvertor.pyのバグを修正しました。 また、1時間毎の観測データに対するダウンロード、及び作成されたcsvファイルの結合に対応しました。 pyConvertor.py実行後の保存ファイルフォーマットを若干変更し、第1列に日時を入れるようにしています。

開発言語:Visual Basic 2012, Python
開発環境:Windows7 x64, Python 3.x
2013/12/14 AmedasProcessingSample4HP_20131214.7z
*全ソースコード入り

気圧の観測を行っていない観測局のデータもCSVに変換したいという要望にお応えして、HTMLファイルを処理するPythonスクリプトを追加しました。 10分毎と1時間毎の観測データフォーマットに対応しています。 また、これまでは個人的に必要な観測項目のみを抽出していましたが、今回からは全ての観測値が抽出対象となっています。 これに伴い、VBで組んでいたConvertorを削除しました。 実行の方法については同梱した説明書をよく読んで下さい。

加えて、処理済みのCSVファイルを観測局毎に結合するPythonスクリプトを更新しました。 便利になったのでRubyで作った旧版を削除しています。

開発言語:Visual Basic 2010/2012, Python
開発環境:Windows7 x64, Python 3.x
2013/12/8 AmedasProcessingSample4HP_20131208.7z
*全ソースコード入り
**2013/12/9 バグ修正版UP

気圧の観測を行っていない観測局のデータもダウンロードしたいという要望にお応えしました。 また、これまでは県が違うだけで同じ名前の観測局を区別できなかったのですが、区別できるようにblock_noを利用するようにしています。 この良い副作用として、ユーザによるURLの収集が必要無くなりました。 block_noはそうそう更新されないと思いますが、最新版の収集には本ページ下部のリンク先にあるRubyスクリプトが利用できます。 なお、ダウンローダのGUI版は利用価値が低そうなので本パッケージからは削除しました。

開発言語:Visual Basic 2010/2012
開発環境:Windows7 x64
2012/8/29 AmedasProcessingSample4HP_20120829.zip 最近自分で使ってみたら、気象庁側のアドレス指定方法が若干変わっていましたのでそれに対応させました。 ついでに、ダウンローダのコマンドライン版と、処理後のデータを数年分を一気に結合させるPythonスクリプトを追加しました。 なお、ダウンロード時の待ち時間は1秒にしました。

開発言語:Visual Basic 2010
2011/11/1 AMEDASsample4HP.zip 初公開です。
実行にはMicrosoft .NET Framework 4が必要です。

10分ごとの観測データのダウンロード・変換に対応しています。 ダウンロード後のファイルを処理するプログラムのコードを一緒にしています。 正規表現の上手い使い方が分からず、適当に処理させています。 htmlのパーサを利用すればもっとうまく処理できるようになるかもしれません。
[2012/8/29 追記]1ファイルのダウンロードの後には3秒の無駄時間を挿入しています。

基本的使い方

使用方法はいたって簡単で、ダウンロード後にダブルクリックしてプログラムを起動させるだけです。 同梱している使用方法をよく読んで下さい。

変換ソフトの実行
図 変換ソフトを実行時のスクリーンショット(別タブで開けば拡大表示されます)

気圧の観測データ例
図 気圧の観測データ例(別タブで開けば拡大表示されます)
大気潮汐という現象が見えます。半日周期よりも一日周期の方が大きいのは台風のせいでしょうか。。。

レーダー降水ナウキャストのレーダー図をダウンロードする

稼働環境:Windows(x86/x64)

気象庁から5分毎にリリースされるレーダー降水ナウキャストのレーダー図をダウンロードするソフトです。 ダウンロードした画像はプログラムの置かれたフォルダにストックされていきます。 ダウンロード対象地域は同梱しているsetting.txtに記述しています。


プログラムのダウンロード
リリース日 プログラムパッケージ 更新内容
2014-12-06 RadarNowCastDownloader20141206.zip 設定ファイルsetting.txtを用意しました。 適当なエディタで開いて"target=九州"を"target=関東"と書き換えると、関東地方の画像をダウンロードし始めます。 とこれだけでピーンときた人もいるでしょう。 勝手に設定ファイルを弄ってみてください。 なお、本プログラムの実行にはMicrosoft .NET Framework 4が必要です。 x86でも利用可能です。
build with Visual Basic 2013.
2011/10/2 RadarNowCastDownloader.exe 初公開です。
実行にはMicrosoft .NET Framework 4が必要です。
build with Visual Basic 2010.

基本的使い方

使用方法はいたって簡単で、ダウンロード後にダブルクリックしてプログラムを起動させるだけです。

レーダ画像ダウンローダ その1
図 ストックされていく様子

レーダ画像ダウンローダ その2
図 実行画面

天気図をダウンロードする

使用言語:Visual Basic 2010
開発環境:Windows7 (32bit)

天気図を表示してくれるフリーのツールは数多あれど、ダウンロードしてファイルをストックしてくれるソフトはなかなか見つかりませんでした。 そんなら作ってしまえということで、気象庁の天気図をダウンロードするツールを作ってみました。 本ソフトは起動しっぱなしにしておくと天気図を自動的にダウンロードしてストックしてくれるという便利なソフトです。 ソースコードは迂闊に公開すると気象庁側に迷惑を掛けそうなのでヒ・ミ・ツです。 と言っても、気象庁の天気図を公開しているhtmlアドレスフォーマットを書き出してしまえば簡単に作れます。 なお、言語的な難易度としては、RubyよりもVB2010の方が簡単でした。 C#への移植も簡単だと思います。


プログラムのダウンロード
リリース日 プログラムパッケージ 更新内容
2011/9/20 weatherMapDownload.exe 初公開です。
実行にはMicrosoft .NET Framework 4が必要です。

基本的使い方

使用方法はいたって簡単で、ダウンロード後にダブルクリックしてプログラムを起動させるだけです。

天気図のダウンローダ

高層天気図をダウンロードする

使用言語:Visual Basic 2010
開発環境:Windows7 (64bit)

天気図をダウンロードするツール第2弾です。 今度は高層天気図をダウンロードしてストックします。 ダウンロードするのは500 hPa, 700 hPa, 850 hPaのUTCの0時及び12時の観測結果です。 実行にはMicrosoft .NET Framework 4が必要です。


プログラムのダウンロード
リリース日 プログラムパッケージ 更新内容
2012/12/11 upperWeatherMapDownloadVer2.zip ご要望にお応えして500 hPa面もダウンロードできるようにしました。 ファイルは前バージョンと同じ名前なので、便利のために圧縮してファイル名を付け替えています。
実行にはMicrosoft .NET Framework 4が必要です。 また、開発環境をWin 7 32 bitからWin 7 64 bitへ移行しました。
2011/9/20 upperWeatherMapDownload.exe 初公開です。
実行にはMicrosoft .NET Framework 4が必要です。

基本的使い方

使用方法はいたって簡単で、ダウンロード後に解凍してダブルクリックでプログラムを起動させるだけです。

高層天気図のダウンローダ

参考文献

アメダス 気象庁によるアメダスの解説サイトです。 地域気象観測所一覧が手に入ります。 これはpdfファイルになっているのですが、これをテキスト解析して得られた座標とアメダスの閲覧サイトに掲載されている座標がずれている点が多数ありました。 どういうことでしょうか?
環境解析学研究室 アメダスの自動ダウンロードに必要なblock番号等を取得するRubyスクリプトが手に入ります。
笛田薫Blog エクセルで和えだすのデータをダウンロードするサンプルコードが手に入ります。
inserted by FC2 system